グループホームオリーブ介護施設求人【高収入の介護のお仕事求人情報】

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆医療事務の求人多数。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。


グループホームオリーブでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



グループホームオリーブの概要

郵便番号 〒985-0071
住所 宮城県塩竈市松陽台3丁目25-20
電話番号 022-365-5281
施設形態 グループホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

グループホームオリーブの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



高収入の介護のお仕事求人情報

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆医療事務の求人多数。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



転職サイト登録で希望する求人情報

年々高齢化が進み2025年には4人に1人が75歳以上という超高齢化社会になると言われている日本。

お年寄りのお世話をする介護や福祉の仕事への需要は高まる一方です。

求人情報を見てみると介護士求人はたくさん出ています。

有料老人ホームやケアホームなど介護士の仕事を探すのは難しくはありません。

しかし、せっかく働くのならば安定感のある介護施設の求人を探したいという方も多いです。

市町村が運営している特養ホームや福祉施設の求人情報は介護士求人を専門に扱う転職サイトにも掲載されていますので登録してみるのが得策です。

安定していて退職する人が少ないのが市町村の施設です。

そんな中でも求人が出る場合もありますので日頃から転職サイトに登録をして希望する求人情報が出たらすぐに連絡がもらえるようにしておくと良いでしょう。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 給料が安くて将来が不安になった
  • 介護職員同士が仲が悪く仕事のミスが増えていた
  • 忙しすぎて精神的にきつくなってきた
  • 他の施設に比べても給料が安くて我慢できなくなった

転職の理由が「年収400万円以上の職場に転職したい」「子供が小さいので夜勤なしの仕事がしたい」「経験を評価してくれる施設に転職したい」「福利厚生のしっかりした会社に就職したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「高収入の介護のお仕事求人情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●皆勤手当てがある職場を探している。

●包括支援センターに就職したい。

●グループホームの求人を探している。

●有料老人ホームの求人を探している。

●夜勤がない介護施設を探している。

●賞与が年2回ある介護施設を探している。

●契約社員で介護の仕事がしたい。

●介護職の仕事がしたい。

●雇用保険がある施設で働きたい。

●福祉用具貸与の求人を探している。

という希望なら

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆医療事務の求人多数。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



介護福祉士・社会福祉士ってどんなお仕事?

年々増加する介護や援助の必要な人を情熱と奉仕の精神を持ってサポートする介護福祉士は主に、介護が必要な高齢者の自宅、または老人介護施設や特別養護老人ホームで、食事や入浴、排せつの介助と、本人や家族の精神面のケアを行います。国家資格の取得が義務付けられており、福祉に対して、より専門的な知識と医学的な技術を身に付けている介護支援のエキスパートといえます。今後、さらに保健・医療の分野に精通する人材の需要が高まっていくと考えられます。

一方、社会福祉士は、身体または精神的に障害のある人や、なんらかの事情により日常生活に支障が出た人の相談にのり、生活の援助をする仕事です。援助の内容は児童相談から金銭的な援助、申請の手続きなど、多岐にわたります。社会福祉士も福祉サービスの多様化に伴い、今以上に専門的な知識や技術が必要となります。公的機関のほか、民間の福祉事業にも活躍の場を広げていくでしょう。




介護士・登録へルパーの求人情報は、ハロワだけにあるのではない!?

ハロワにはない好待遇の求人ってどこにあるの?

  • 【転職支援サイト】
    介護の転職や就職を応援する会社が運営する転職支援サイトには、ハロワにはない情報があり、かつ専門のエージェントがサポートしてくれるので、早くお仕事を始めたい方におすすめです。

  • 【介護の求人検索サイト】
    求人サイトには、ハローワークにはない介護士や登録ヘルパーの求人情報が多く掲載されています。
    一人で求人情報を見て、転職・就職したい方におすすめです。

  • 2つ同時に登録、利用可能です。
    今すぐに転職をしたい訳ではない方も、ご心配なく。
    求人情報だけ見たいので登録したい・・という方も安心して登録してください。
    情報は広くたくさん集めましょう。

人気の【介護の求人検索サイト】

  • 介護士の3人に1人、約50万人の会員が利用する国内最大級の介護求人検索サイトはご存じですか。

    登録ヘルパーや常勤ヘルパーの求人、パートの介護士の求人や正社員の介護士の求人が豊富にあります。
    お近くの介護施設でどんな求人があるのか、待遇やお給料がいくらかをしっかり検討してから、働き方を決めたほうが後悔がありません。

    【求人の探し方】
    ①希望の雇用形態 (正社員、パート)
    ②持っている介護関連の資格 
    ③住んでいる地域(希望勤務地)
    を入力して、情報のやり取りに必要となるメールアドレス、パスワード(ご自分の好きなワードで大丈夫です)を入力するだけ!!

    ハロワには無い、サイト限定求人3万件を見ることができます。

  • 人気の【転職支援サイト】

  • 働き方について介護職専門のエージェントい相談して、後悔のないお仕事探しをしたいかたはこちらがお勧めです。

    ・スタッフ・施設長の雰囲気
    ・現場でしか知りえない情報

    などの細かいことを知っている転職のプロ”があなたに合った介護施設を探してくれます。

    登録ヘルパーとして働く方がいいのか、常勤のヘルパーとして働く方がいいのか、あるいはパート介護士として働いた方がいいのか、正社員として働いた方がいいのか・・迷っている方はご相談してください。

    あなたが思っているよりも、もっといい条件や高待遇での働き方ができるかも知れません。

    【ハロワの求人票からは分からない情報の入手の仕方】
    ①登録フォームより、無料会員登録
     → 電話かメールにて介護専任エージェントから連絡がくるので、詳細な希望条件等を相談
    ②希望条件を元に求人案件の紹介
     → 気に入れば応募、気に入らなければ再リサーチをしてもらう。
    ③気に入った介護施設への応募・面接のセッティング
     → 面接準備・対策をコンサルタントと一緒にすすめる
    ④コンサルタントと一緒に面接 
     → 内定・お仕事スタート

    面接が不安な方も大丈夫。
    面接が決まったら、「転職成功の秘訣」レポートが皆さんに贈呈されます。
    また、専任エージェントとの面談では、面接対策について相談もできます。




  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?




    宮城県介護人材確保協議会について

    介護の背景と課題

    宮城県の介護人材確保について(宮城県介護人材確保協議会)
    宮城県では,団塊の世代が全員後期高齢者となり介護需要が増大する2025年を見据えて,介護人材確保に向けた取組を実施しています。

    1.協議会の概要

    ○設置日:平成26年6月3日設置
    ○構成員名簿
    ・(公財)介護労働安定センター宮城支部
    ・仙台市老人福祉施設協議会
    ・東北福祉大学
    ・(一社)宮城県介護福祉士会
    ・宮城県介護福祉士養成施設協会
    ・(公社)宮城県看護協会
    ・宮城県市長会
    ・(社福)宮城県社会福祉協議会
    ・(一社)宮城県社会福祉士会
    ・宮城県生活協同組合連合会
    ・宮城県町村会
    ・宮城県認知症グループホーム協議会
    ・宮城県老人福祉施設協議会
    ・宮城県老人保健施設連絡協議会
    ・みやぎ小規模多機能型居宅介護連絡会
    ・宮城労働局
    ・宮城県教育委員会
    ・宮城県

    2.協議会での取組事業について

    〇部会について
    介護人材確保に向けた方策を検討するため,テーマ毎に3つの部会を設置しています。
    (1)情報提供・啓発部会
    〇介護の魅力向上の取り組み(リーフレット・映像ツール作成等)
    「介護の魅力発信のためのPRツール」
    〇イベントの検討・実施
    「介護の魅力フェスタinみやぎ」

    (2)人材確保・定着部会
    〇県内各地での研修実施(新人職員育成支援・中堅職員キャリア育成・施設管理者対象)
    平成28年度研修事業の御案内
    ・エルダー制度導入支援研修
    ・雇用管理改善事業(法人経営者,介護事業所管理者向け)
    ・キャリアアップ研修(介護事業所職員向け)
    ・小規模事業所サポート・出前研修(小規模事業所向け)
    介護新任職員交流会の御案内
    〇介護職員合同入職式の開催(再掲)
    「介護職員合同入職式」

    (3)職場環境改善部会
    〇介護事業所の人材確保・定着の取組に対する,認証評価制度の検討・実施 など
    「みやぎ介護人材を育む取組宣言認証制度」



    ■「宣言」「認証」のために介護サービス情報公表システムのHPで確認する項目

    <共通項目(従来からの6項目)>
    1.従業者の健康診断の実施状況
    2.事業所で実施している,従業者の資質向上に向けた研修内容・実施状況
    3.新任職員向け研修計画の策定(対象者有の場合)
    4. 〃   研修の実施記録がある(対象者有の場合)
    5.全ての現任の従業者向け研修計画の策定
    6. 〃    研修の実施記録がある

    <宮城県の独自項目(新設7項目)>
    1.理念・ビジョンの明文化
    2.職員が理念・ビジョンについて理解を深めるための取り組み(ミーティングなどでの確認状況)
    3.職員の就業状況や意向を定期的に確認する仕組みの存在
    4.給与体系又は給与表を導入し,職員に周知
    5.就業規則の作成及び周知(正規・非正規)
    6.仕事と育児・介護の両立を支援する取組
    7.新任職員向け研修計画の策定【再掲】



    就職・転職コラム

    元来会社自体は、新卒でない社員の育成対策のかける歳月や経費は、なるべく切りつめたいと計画しているので、単独で結果を示すことが求められているといえます。
    もう関係ないといった側ではなく、やっとあなたを肯定して、内諾まで受けられた会社には、真心のこもった応答を肝に銘じましょう。
    実際に、わが国の世界と渡り合えるテクノロジーのほとんどが、中小零細企業の小さな町工場で創生されているわけで、年収だけでなく福利厚生も優れていたり、羨ましい企業も見受けられます。
    実際不明の番号や非通知の番号から電話が着たら、不安を感じる思いは理解できますが、そこをちょっと我慢して、まず始めに自らの名前を名乗り出るべきでしょう。
    間違いなくこんな仕事がやりたいというはっきりしたものもないし、あの仕事もこの仕事も良さそうとパニックになって、しまいには一体自分が何をしたいのか企業に、整理できないようになってはいけない。

    実際、就職活動をし始めたころ、「採用を目指すぞ!」そんなふうに真剣だった。けれども、数え切れない程良い知らせがないままで、最近ではもう面接会などに行くことでさえできないほどの恐怖を感じてしまっているのです。
    「自分の選んだ仕事ならどれだけ辛くても堪えることができる」とか、「自己を成長させるために振り切ってハードな仕事を選びとる」というような場合は、しきりと耳に入ります。
    アルバイト・派遣社員として成し遂げた「職歴」を引き連れて、様々な企業に就職面接を受けに行ってください。帰するところ、就職も気まぐれの特性が強いので、面接をたくさん受けることです。
    さしあたって、行きたいと願う会社ではない可能性もありますが、今募集しているこれとは別の企業と突き合わせてみて、僅かでも長所だと思う点は、どのような所かを探索してみてください。
    内々定に関しては、新規卒業者(予定者)に係る選考等における企業や団体の倫理憲章に、正式な内定を連絡するのは、たとえ早くても、10月1日以降であると規定されているので、まずは内々定というかたちをとっているということです。

    ふつうは、会社説明会とは、企業の側が催す就職説明会のことで、セミナーとも言われます。希望する学生や求人広告に応募してきた人を集めて、企業の概略や募集要項などのあらましを明らかにするというのが普通です。
    転職というような、言うなれば何度も ジョーカーを切ってきた経歴がある人は、いつの間にか転職回数も増えるのです。それがあるので、同一会社の勤務年数が非常に短いということがほとんどだということです。
    一口に面接といっても、いろんな形式が取られているので、このホームページでは個人面接とか集団面接、(複数の応募者が参加するもの)、そしてグループディスカッションなどを掘り下げて掲載しているので、目安にしてください。
    「飾らないで本音をいえば、仕事を変えることを決めた最大の要素は給与のせいです。」こういったことが聞いています。とある外国籍産業の営業職をしていた30代男性の例です。
    会社ならば、1人の人間の都合よりも組織の全体像としての都合を重視するため、ちょこちょこと、不合理的な配置異動があるものです。言わずもがな本人にしてみたらうっぷんがあるでしょう。