あしたば・グループホーム事務介護求人【高収入の介護のお仕事求人情報】

☆実務者研修取得者の求人多数

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆非公開求人多数掲載。


あしたば・グループホームでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



あしたば・グループホームの概要

郵便番号 〒991-0003
住所 山形県寒河江市大字西根字石川西294-3
電話番号 0237-83-1622
施設形態 グループホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

あしたば・グループホームの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



高収入の介護のお仕事求人情報

☆実務者研修取得者の求人多数

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆非公開求人多数掲載。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護福祉施設の求人情報と就職・転職の進め方

あなたに最も適した介護施設の求人情報がすぐ近くにあるかもしれません。
すぐに介護のお仕事をスタートするつもりではなくても大丈夫です。
どれくらいのお給料なの? どんな雰囲気の施設なの?
知りたい方はこちらの情報がおすすめです。

介護職は、今後もニーズが高まる仕事です。

人口の逆ピラミッドからも分かるように、今後は介護職はなくてはならないものであり、どんどん需要が増えていくことでしょう。
また、介護職に携わっていれば資格や技能も活かせますし、長く続けるほど、資格が増えキャリアアップが図れます。

せっかくの転職ですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設に就職・転職したいですよね。
ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、多角的にみて就職・転職先を見つけるのは困難です。

介護福祉施設に直接聞きにくいことを聞けるのはこちら

介護福祉施設に、直接求人があるかどうか聞くのって勇気がいりますよね。

・お給料
・職員さんの雰囲気
・お休みがどれくらい保障されているか
・福利厚生
など、聞きたいことはたくさんあると思います。

しかし、こちらの都合ばかりを言ったり質問したりするのも、気がひけませんか。

それに、介護福祉施設の方はなるべくたくさんの方に面接をしてもらいたいので、自分の施設にとって都合が悪いことは伝えないでしょう。

そんな時はこちらで思う存分聞いて、納得のいく転職・就職をしてください。
無料で利用できます。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • スキルアップできる職場ではなかった
  • 休みがもらえず子供の学校行事に参加できなくて可哀想だった
  • 土日も仕事で家族とすれ違い生活になってしまった
  • 上司が意地悪な人で信用出来ない

転職の理由が「年収400万円以上の職場に転職したい」「子供が小さいので夜勤なしの仕事がしたい」「経験を評価してくれる施設に転職したい」「福利厚生のしっかりした会社に就職したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「高収入の介護のお仕事求人情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●老人保健施設に就職したい。

●福祉用具貸与の求人を探している。

●包括支援センターに就職したい。

●希望休が出せる介護施設に勤めたい。

●訪問介護の求人を探している。

●近場でお仕事を探したい。

●人材派遣として介護の仕事がしたい。

●労災保険のある介護施設で仕事がしたい。

●収入を今よりもアップさせたい!

●冬期休暇が有る施設に勤めたい。

という希望なら

☆実務者研修取得者の求人多数

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆非公開求人多数掲載。

コチラがおすすめです!



ホームヘルパー急募情報

日本は、周知の通り「高齢化社会」に突入しています。

今後少子化と長寿化によって、日本はさらに高齢化社会が加速していくと言われています。

それに伴い、高齢者の介護などを行う「ホームヘルパー」の求人も増加傾向にあります。

就職難と言われるこのご時世ですが、人手不足に悩まされている介護業界ではホームヘルパーの求人が常に寄せられています。

特に、体力のある男性のホームヘルパー求人が増加しています。

寝たきりの人の介護は、女性より体力がある男性の力が不可欠であるためです。

ホームヘルパーの資格を持っている人は、市町村の求人情報を活用してホームヘルパーの仕事を見つけるのがおすすめです。

市町村の求人情報として代表的なのが、各市町村が運営する福祉センターなどで発行される「広報誌」です。

ここには、長期間安定して勤められる職場が多数掲載されており、ホームヘルパーの仕事を始めようと思っている人にもってこいです。

また、市町村が発行しているため、安心して応募することが出来ます。

しかし、今就業中の方の場合、福祉センターやハローワークに通う時間が取れないと思います。

そこで、おすすめなのがネットを活用した「介護士専門の求人案内」です!




無資格未経験OKの介護職求人とは?

無資格未経験だけど介護職員として働きたい!
でも、就職や転職・再就職の時には、「未経験でもOKの職場なんてあるのかな」「初心者でも転職できるかな」「うまくいくかな」「いい職場で働けるかな」「この職場に決めてしまって大丈夫かな」など、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。

そんな時はあなた1人で悩んでいるよりも、転職・就職など求人のプロに直接アドバイスしてもらった方がうまくいくことが多いのでオススメです。

転職・就職求人のプロに、未経験OKや初心者でも歓迎してくれる職場の求人情報を探しているあなたのサポートをしてもらってみてはいかがでしょうか?

きっと、あなた1人で探すよりも、希望の条件にピッタリの転職・就職先が見つかります。

プロのアドバイスを受けながらの転職・就職活動なら、介護職員として未経験でも、経験の浅い初心者でも、希望どおりの職場を見つけることも十分可能です!




介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




山形県介護関係の取り組み

介護職員の確保

・将来の担い手である小中高生や学生等から、介護業界が「選ばれる業界」となるため、山形県は、介護職・介護現場の正確な実態や魅力を伝えます。
・山形県は、将来県内での就労を希望している、県内の介護福祉士養成施設等の在学者の支援として学資を貸与する介護福祉士修学資金により、介護現場の中核となる人材確保を図ります。
・山形県や県社会福祉協議会等が行う介護技術、知識向上に向けた研修や、関係団体によるキャリア段位制度などの資質向上に向けた取組みに加え、中小規模事業所が行う人材育成への支援や、世代・職種間の人材交流などの機会を創出することにより、県は、介護職員のキャリア向上に繋がる環境を整備します。
・山形県は、人事・労務管理や財務などについての経営者・管理者層向けセミナーを開催するとともに、介護サービス事業所等に対する個別のコンサルティングにより、経営力の改善・向上を図りながら、職員の処遇改善に繋げます。
・山形県は、関係団体、養成機関及び社会福祉法人等が、それぞれの有する専門的な知見や人材を活かして行う介護職員確保に向けた取組みを支援するとともに、女性や高年齢者等の介護職への参入を促進します。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の確保

・山形県は、新たなカリキュラムに対応した法定研修を円滑に実施できるよう体制整備を図るとともに、現に業務に従事している介護支援専門員を対象とした医療に関する知識習得のための科目に係る研修を独自に実施します。
・検討内容に応じて様々な構成員で行われる地域ケア会議の中でも、複数の医療系専門職が参加して行う地域ケア会議は、特にOJT(On the Job Training)の効果が認められ、介護支援専門員を含む参加者全体の資質向上に繋がることから、県は、そのような地域ケア会議の普及・定着を図ります。



居宅介護サービス

居宅介護支援、介護予防支援

サービスの内容
居宅介護支援は、要介護者等がその心身の状態等に応じた適切な介護サービスを受けることができるように、ケアプランを作成するとともに、介護サービスの提供に際しての事業者との調整、実際のサービスの利用状況・実施状況の把握や給付管理票の提出などの給付管理を行うサービスです。
介護予防支援は、要支援者がその心身の状態に応じた適切な介護予防サービスを受けることができるように、予防プランを作成するサービスです。このサービスは、市町村が設置する地域包括支援センターが実施します。
※介護予防訪問介護及び介護予防通所介護のみを利用している方の介護予防支援については、介護予防・日常生活支援総合事業に移行します。
※居宅介護支援は、計画期間中は増加するものと見込まれますが、介護予防支援については、介護予防訪問介護と介護予防通所介護の介護予防・日常生活支援総合事業への移行に伴い、一時的には減少する見込みです。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

サービスの内容
定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、在宅の要介護者に対し、日中・夜間を通じて訪問介護と訪問看護を一体的に又はそれぞれが密接に連携しながら、定期巡回訪問と随時の対応を行うサービスです。
「単身・重度の要介護者」であっても、在宅を中心とする住み慣れた地域で、尊厳と個別性が尊重された生活を継続できるような社会環境の整備を目標として、平成 24 年度から新たに始まったサービスです。
※定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

夜間対応型訪問介護

サービスの内容
夜間対応型訪問看護は、在宅の要介護者に対し、夜間の定期巡回や通報による随時訪問を行い、必要な介護を行うサービスです。
※夜間対応型訪問介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護

サービスの内容
認知症対応型通所介護及び介護予防認知症対応型通所介護は、認知症の症状がある要介護者等が、老人デイサービスセンターや認知症高齢者グループホームなどに通い、日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービスです。
※認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護

サービスの内容
小規模多機能型居宅介護及び介護予防小規模多機能型居宅介護は、「通い」を中心として、利用者の様態や希望に応じて、随時「訪問」や「泊まり」を組み合わせてサービスを提供することで在宅での生活継続を支援するサービスです。
※小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護

サービスの内容
認知症対応型共同生活介護及び介護予防認知症対応型共同生活介護は、認知症の症状がある要介護者等に対し、その共同生活を営むべき住居において、入浴、排泄、食事等の介護その他日常生活上の世話及び機能訓練を行うサービスです。
※認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

地域密着型特定施設入居者生活介護

サービスの内容
地域密着型特定施設入居者生活介護は、入所者が 29 名以下の有料老人ホームや介護利用型軽費老人ホーム(ケアハウス)などが、入居している要介護者に対し、特定施設サービス計画に基づいて、入浴、食事、排泄等の介護その他日常生活上の世話、機能訓練を行うサービスです。

地域密着型介護老人福祉施設

サービスの内容
地域密着型介護老人福祉施設は、入所する要介護者に対し、入浴、排泄、食事等の介護その他、日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行います。
入所定員が29名以下の特別養護老人ホームのことをさします。

看護小規模多機能型居宅介護

サービスの内容
看護小規模多機能型居宅介護は、在宅の要介護者に対し、訪問看護及び小規模多機能型居宅介護を一体的に提供するサービスです。
看護と介護の連携による一体的なサービス提供により、緊急時の対応を含め、柔軟なサービス提供が可能です。
医療・看護ニーズの高い要介護者を地域で支えるサービスとして、平成24年度から「複合型サービス」として新たに始まったサービスですが、平成 27 年度からサービス名称が「看護小規模多機能型居宅介護」になりました。
※看護小規模多機能型居宅介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。


就職・転職コラム

とても楽しんで作業をしてもらいたい、少しだけでも良い給与条件を割り振ってあげたい、見込まれる能力を花開かせてあげたい、上昇させてあげたいと雇う側でも考えています。
人によっていろいろな巡り合わせによって、転職したいと考えているケースが予想以上に増えているのだ。だけど、転職すると決めたはいいけれど、就職した後の人生設計が大きく異なる場合もわんさとあるというのが本当のところです。
もし成長企業とはいうものの、100パーセント未来も揺るがない、そんなことは決してありません。だからこそそのポイントも慎重に情報収集するべきでしょう。
中途採用を目指すなら、「採用OKが出そうで、経験も積み上げられそうな会社」なら、とにもかくにも入りましょう。ごく小規模な企業でも問題ありません。実体験と業務経歴を得られれば結果オーライなのです。
通常、会社説明会とは、会社側が催す就職関連のガイダンスのことで、別名セミナーとも言われます。希望している学生たちや仕事を探している人を招集して、会社の概略や募集要項といったことを案内するというのが通常のやり方です。

今よりもよりよい年収や職務上の対応がよい就職先が求人しているとしたら、諸君も他の会社に転職を望むのであれば、遠慮しないでやってみることも大切なものです。
外国籍の会社の勤務先の環境で要求される職業上の礼儀作法や技術といったものは、日本での社会人として要求される態度やビジネス経験の水準を決定的に上回っています。
かろうじて準備のフェーズから面接の場面まで、長い道を歩んで内定が決まるまで迎えたのに、内々定を取った後の処理をミスしてしまってはせっかくの努力が無になってしまいます。
会社の基本方針に従えないからすぐに仕事を変わる。概していえば、こんな短絡的な思考回路を持つ人に向き合って、採用の担当者は用心を感じているのです。
必要不可欠な考え方として、会社を選定する時は、絶対あなたの希望に忠実になって決定することであって、いかなる時も「自分のほうを会社に合わせなければ」なんてふうに思ってはダメなのだ。

「好きな仕事ならばどれだけ辛くても頑張れる」とか、「わが身を飛躍させるために危険を冒して厳しい仕事を指名する」とかいうケース、割と聞く話ですね。
アルバイト・派遣を通して得た「職歴」を武器として、多様な企業に面接をたっぷり受けにでかけるべきです。要するに、就職もタイミングの特性があるため、面接を受けまくるのみです。
外資で仕事に就いている人は、今ではもう珍しくない。外資系の会社と言えば、かつては中途採用の即戦力となる人材を採用するようなイメージがありましたが、近頃は、新卒の入社に能動的な外資系もめざましい。
当たり前ですが就職活動は、面接してもらうのも求職者であるあなたですし、試験するのも応募者であるあなたです。けれども、困ったときには、相談できる人に相談するのもいいかもしれない。
【ポイント】に関しては「計算」とは違って完全な正解はないわけで、いったいどこが高評価だったのかという「ものさし」は企業独特で、更に面接官の違いで異なるのが現実です。