あい・たくせいアルバイト福祉【高収入の介護のお仕事求人情報】

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆非公開求人多数掲載。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。


あい・たくせいでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



あい・たくせいの概要

郵便番号 〒998-0062
住所 山形県酒田市北新町1丁目1-58
電話番号 0234-25-5200
施設形態 デイサービス
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

あい・たくせいの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



高収入の介護のお仕事求人情報

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆非公開求人多数掲載。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



40歳、50歳の介護士・ヘルパーの求人がある施設

40歳代、50歳代の好待遇の求人情報を見る際に気を付けたいのが、あなたの希望条件と求められるスキルが一致するかどうかを確認することです。

また、あなたの資格や経験をもう一度整理することも必要です。

希望条件に見合う介護施設はどこ?

あなたの希望条件は何でしょうか。
また、あたなが以前の施設を辞めた理由は何でしょうか。

また希望に見合った施設を探すためにも、同じ問題がおこらないようにするためにも、施設の特徴や働くうえでのポイントを知っておくことは重要です。

介護施設の種類・特徴・働くうえでのポイント

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】・医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。
・介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

【POINT】意識、意欲を高く保てないとルーチンワークになりやすい

介護老人保健施設
【特徴】・機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる
・多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる

【POINT】・医療職が主導権を持ち、介護職は補佐的役割となる施設も多い
・どのような介護でも、他施設に比べ全て自立に繋げるよう考えられているので、ケアに対してやや異なる意識の持ち方も必要

グループホーム・認知症対応型共同生活介護事業所
【特徴】・少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい
・施設でありながら、家庭的な雰囲気である
・提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)

【POINT】・認知症状への理解度合いが低いと、適切な介護提供が困難
・ 夜勤人員が少ないため、緊急対応時の判断力が求められる
・少人数のため、人間関係が濃くなりがち

介護付き有料老人ホーム
【特徴】・同僚のケアを学べる
・昇給・昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい

【POINT】・運営会社により方針が大きく異なる
・時間に追われがち
・大勢のスタッフと働くため、意見の相違などがストレスになることも
・事業所方針により、営業的側面がある場合も

サービス付き高齢者向け住宅
【特徴】・訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない
・在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

【POINT】・一般住宅のため訪問介護同様、個別にケアを行い、見えない時間もある
・医療職は配置されない場合が多い

訪問介護・ホームヘルプ
【特徴】・一対一で介護が出来る
・自宅近くで土地勘を活かしながら働ける
・のびのび働ける
・時間単位で動ける

【POINT】・介護が自己流になりやすい
・各訪問先ごとにやり方が違う
・一人で訪問するため、とっさのときに頼れる人が近くにいない(電話でしか指示を仰げない)

ショート・短期入所生活介護
【特徴】・様々な状態の利用者に接することが出来る
・介護の高い方は、比較的少ない

【POINT】・一時利用のため継続した介護提供(観察含む)を行っていない場合が多く、状態把握が難しい
・利用者入れ替わりのサイクルが早いため、事務処理が多い

デイサービス・通所介護事業所
【特徴】・夜勤がない
・日曜日が休みの施設が多い
・レク中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある

【POINT】・曜日により利用者が異なるため、状態把握、報連相が重要

地域密着型サービス・小規模、小規模多機能型居宅介護
【特徴】・在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。
・訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる

【POINT】・利用者数が限定されている
・在宅ながら夜勤がある
・在宅ケアの全てを一括して担うため、一般的な施設以上にご家族との報連相が重要となり、情報の共有漏れの影響が大きい

介護施設の求人情報に詳しい転職のプロに相談するメリット

40歳代・50代の私にぴったりなのはどこ・・・? プロの意見が聞ける!

介護施設ごとの特徴・働くうえでのポイントが分かっても、
・自分の希望条件が通りやすい施設はどこなのかが分からない・・。
・自分の資格や経験をどこで活かせるのかが分からない・・・。

そんな転職や就職に、年齢的な不安をお持ちなら、介護職員さんの転職サポートに専門特化したキャリアエージェントに相談しましょう。

キャリアエージェントに相談するメリット

◆メリット1

介護職員さんの転職・就職サポートを専門にするアドバイザーが、完全無料で納得の就職・転職・パートやアルバイト探しを実現するためのお手伝いをしてくれます。

◆メリット2

あなたの希望条件に見合った介護職・介護施設の求人を提供してくれます。

転職をサポートしてくれるアドバイザーは、現場のことをとてもよく知っていて、普通はそこで働いていないと分からないような情報をたくさん知っています。
現場の雰囲気やどんな上司か・・・などの情報をあなたに事前に伝えられるよう、しっかり現場を訪問しているのです。

介護職の求人情報からは分からない、中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができますね!
後悔のない、納得の転職・就職・パート探し・アルバイト探しが実現できるのです!

◆メリット3

転職の際につい見落としがちになってしまう注意点なども、アドバイスしてくれます。
面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれるところもあります!

急いでお仕事をスタートさせたい方、少しでも高給料・好待遇をお望みの方、一生の職場として慎重に選びたい方の心強い味方です。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 休憩時間も取れないほど忙しかった
  • 転職の面接時の説明と労働条件が違っていた
  • 駅から遠く通勤が不便だった
  • 休みがもらえず子供の学校行事に参加できなくて可哀想だった

転職の理由が「経験を活かせる施設で働きたい」「高時給の施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」「土日休みの施設で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「高収入の介護のお仕事求人情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●訪問リハビリに就職したい。

●社会保険のある介護施設で仕事がしたい。

●未経験者歓迎の施設を探している。

●機能訓練指導員のライセンスを活かしたい。

●ケアマネージャーの資格を活かしたい。

●土日が休みの介護の仕事がしたい。

●退職金制度がある施設で働きたい。

●ヘルパーとして仕事がしたい。

●居宅介護支援で仕事がしたい。

●サービス提供責任者の仕事を探している。

という希望なら

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆非公開求人多数掲載。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



介護業界の求人について

一般的な仕事は都心部に求人が集中するという特徴がありますが、介護の業界においてはどの都道府県においても介護士の求人があるという特徴があります。

その理由は全国的に介護が必要な高齢者がいるからです。

特に人口が少ないところでは過疎化が進んでおり、地域における高齢者の割合は高くなっています。

若者の人口は逆に少ないため介護施設においては介護士が不足している状況であり、多くの介護士の求人があります。

では、どのような介護施設で募集があるのでしょうか。

まずは介護保険に関するものです。

老人保健施設や特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設は数も多いため、多くの求人があります。

介護保険でないものとしては有料老人ホームがあります。

今後は介護保険施設だけではすべての介護を負担することは難しいと考えられており、全国的にも数が増えてきているという特徴があります。

民間運営の為、場合によっては高い待遇での求人を見つけることも可能です。




介護士・登録へルパーの求人情報は、ハロワだけにあるのではない!?

ハロワにはない好待遇の求人ってどこにあるの?

  • 【転職支援サイト】
    介護の転職や就職を応援する会社が運営する転職支援サイトには、ハロワにはない情報があり、かつ専門のエージェントがサポートしてくれるので、早くお仕事を始めたい方におすすめです。

  • 【介護の求人検索サイト】
    求人サイトには、ハローワークにはない介護士や登録ヘルパーの求人情報が多く掲載されています。
    一人で求人情報を見て、転職・就職したい方におすすめです。

  • 2つ同時に登録、利用可能です。
    今すぐに転職をしたい訳ではない方も、ご心配なく。
    求人情報だけ見たいので登録したい・・という方も安心して登録してください。
    情報は広くたくさん集めましょう。

人気の【介護の求人検索サイト】

  • 介護士の3人に1人、約50万人の会員が利用する国内最大級の介護求人検索サイトはご存じですか。

    登録ヘルパーや常勤ヘルパーの求人、パートの介護士の求人や正社員の介護士の求人が豊富にあります。
    お近くの介護施設でどんな求人があるのか、待遇やお給料がいくらかをしっかり検討してから、働き方を決めたほうが後悔がありません。

    【求人の探し方】
    ①希望の雇用形態 (正社員、パート)
    ②持っている介護関連の資格 
    ③住んでいる地域(希望勤務地)
    を入力して、情報のやり取りに必要となるメールアドレス、パスワード(ご自分の好きなワードで大丈夫です)を入力するだけ!!

    ハロワには無い、サイト限定求人3万件を見ることができます。

  • 人気の【転職支援サイト】

  • 働き方について介護職専門のエージェントい相談して、後悔のないお仕事探しをしたいかたはこちらがお勧めです。

    ・スタッフ・施設長の雰囲気
    ・現場でしか知りえない情報

    などの細かいことを知っている転職のプロ”があなたに合った介護施設を探してくれます。

    登録ヘルパーとして働く方がいいのか、常勤のヘルパーとして働く方がいいのか、あるいはパート介護士として働いた方がいいのか、正社員として働いた方がいいのか・・迷っている方はご相談してください。

    あなたが思っているよりも、もっといい条件や高待遇での働き方ができるかも知れません。

    【ハロワの求人票からは分からない情報の入手の仕方】
    ①登録フォームより、無料会員登録
     → 電話かメールにて介護専任エージェントから連絡がくるので、詳細な希望条件等を相談
    ②希望条件を元に求人案件の紹介
     → 気に入れば応募、気に入らなければ再リサーチをしてもらう。
    ③気に入った介護施設への応募・面接のセッティング
     → 面接準備・対策をコンサルタントと一緒にすすめる
    ④コンサルタントと一緒に面接 
     → 内定・お仕事スタート

    面接が不安な方も大丈夫。
    面接が決まったら、「転職成功の秘訣」レポートが皆さんに贈呈されます。
    また、専任エージェントとの面談では、面接対策について相談もできます。




  • 介護施設の種類と特徴

    介護施設の種類と特徴

    デイサービス
    自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

    【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

    特別養護老人ホーム
    身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

    【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

    グループホーム
    認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
    スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

    【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

    有料老人ホーム
    主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

    【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

    ショートステイ
    短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

    【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

    サービス付き高齢者向け住宅
    一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

    【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

    老人保健施設
    入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
    ※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

    【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

    小規模多機能施設
    自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

    【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

    訪問介護
    自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
    ※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

    【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

    訪問入浴
    ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

    ケアハウス
    助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




    介護保険制度の現状、今後の見込み

    要介護認定者の推移

    介護保険制度は、介護を社会全体で支え、総合的な介護サービスを利用者自身の希望によって受けることができる新しい公的社会保険制度として平成12年4月にスタートし、以来、要介護認定者や介護サービスの利用者数は大幅に増加しています。
    要介護認定者の今後の見込みについては、平成26年9月末現在と比較して、平成37年度では約1万4千人増加し、8万人程度となることが見込まれます。
    65歳以上の要介護認定者数は、平成 25 年度末現在で約6万3千人ですが、今後増加が続き平成37年度には7万8千人程度となることが見込まれます。また、65 歳以上の高齢者の要介護認定率も上昇が見込まれ、平成 37 年度には 22.1%まで上昇することが見込まれます。
    また、要介護度別の居宅サービスの利用者と施設サービスの利用者については、要介護度が高くなるにつれて、施設サービスの利用者数の割合が高くなっています。



    地域包括ケアを提供する人材の確保及び資質向上

    介護職員

    介護職員とは、主に以下の労務に就く者を指しています。
    ○訪問介護員
    介護保険法の指定事業所で働き、高齢者等の家庭を訪問して家事等の生活援助や入浴等の身体介護を行う者
    ○その他の介護職員
    介護保険法の訪問介護以外の指定事業所で働き、直接介護を行う者
    《現状》
    ○国の「介護サービス施設・事業所調査」によると、入所系、訪問系、通所系を合わせて2万人弱の介護職員が県内の介護施設・事業所に勤務していると推計されています。
    ○介護職員の処遇を改善するために、平成 21 年 10 月から介護職員処遇改善交付金が交付されました。
    その後、この交付金に代わって、効果を継続させるための介護職員処遇改善加算が、平成24年度介護報酬改定において創設されました。
    《課題》
    ○介護労働に関しては、他の産業より離職率が高いことや給与水準が低いこと等が課題として指摘されています。
    ○後期高齢者や単身、夫婦のみの高齢者世帯が増加することによる介護サービスの量的拡大により、必要な人材が不足することが想定されます。
    ○医療的ケアや認知症対応など質の高い介護サービスの需要が拡大していくことが予想されます。
    ○県内の介護職員等の離職率は 13.2%(全国 17.0%)で、平成24年度山形県介護労働実態調査によると、事業所の約4割で人手不足を感じています。
    《施策の推進方向》
    ○平成26年3月に策定した「山形県介護職員サポートプログラム」に掲げる
    ①理解促進
    ②育成確保
    ③定着・離職防止
    ④介護技術・知識向上
    ⑤雇用環境の改善
    の5つの施策の柱に沿って、関係機関・団体の連携・協働による総合的かつ一体的な介護職員支援策を展開します。
    ○将来の担い手である小中高生や学生等から、介護業界が「選ばれる業界」となるため、県は、介護職・介護現場の正確な実態や魅力を伝えます。
    ○県は、将来県内での就労を希望している、県内の介護福祉士養成施設等の在学者の支援として学資を貸与する介護福祉士修学資金により、介護現場の中核となる人材の確保を図ります。
    ○県や県社会福祉協議会等が行う介護技術、知識向上に向けた研修や、関係団体によるキャリア段位制度などの資質向上に向けた取組みに加え、中小規模事業所が行う人材育成への支援や、世代・職種間の人材交流などの機会を創出することにより、県は、介護職員のキャリア向上に繋がる環境を整備します。
    ○県は、人事・労務管理や財務などについての経営者・管理者層向けのセミナーを開催するとともに、介護サービス事業所等に対する個別のコンサルティングにより、経営力の改善・向上を図りながら、職員の処遇改善に繋げます。
    ○県は、関係団体、養成機関及び社会福祉法人等が、それぞれの有する専門的な知見や人材を活かして行う介護職員確保に向けた取組みを支援するとともに、女性や高年齢者等の介護職への参入を促進します。



    就職・転職コラム

    当然かもしれないが人事担当者は、求職者の持つ力をうまく読み取って、「企業に有用で、役に立ちそうな人か?」を本気でより分けようとするものだと思う。
    差し当たって、就業のための活動をしている会社そのものが、熱心に志望企業でなかったので、志望理由自体が見つけられないという話が、時節柄増えてきました。
    注目されている企業と認められる企業の中でも、数千人もの応募者がいるところでは、人員上の限界もあったりして、最初に出身校などだけで、面接へ呼ぶかどうかを決めることはしばしばあるようである。
    全体的に企業と言うものは、中途で雇用した社員の養成のためにかける期間や出費は、なるべく減らしたいと感じている為、自分1人の力で役に立てることが要求されているのでしょう。
    面接選考に関しては、どの点が十分でなかったのか、ということを伝えてくれるようなやさしい企業はまずないため、あなたが修正すべきところを確認するのは、簡単ではありません。

    通常、就職活動は、面接選考を受けるのも応募した自分です。それに試験を受けるのも応募したあなただけです。けれども、条件によっては、信頼できる人に尋ねてみるのも良い結果に繋がります。
    通常、会社とは、全ての労働者に全部の収益を割り戻してはいません。給与の相対した現実的な仕事(必要労働)というものは、正味実働の半分かそれ以下ということが多い。
    意気込みや理想の自分を照準においた転身もありますが、勤め先の企業の問題や生活環境などの外的なきっかけによって、転職しなければならない状態に陥る事例もあるでしょう。
    今の仕事を換えるほどの覚悟はないけど、なんとかして月収を増加させたい時は、とりあえず役立つ資格取得というのも一つの手法かも知れません。
    具体的に言うと事務とは無関係な運送の仕事の面接試験では、難関の簿記の1級の資格についてアピールしてもほぼ評価されないけれど、逆に事務職の試験のときだったら、高い能力があるとして評価してもらえる。

    面接試験には、盛りだくさんの手法が実施されているので、このホームページでは個人面接と集団面接、さらに近頃増えているグループ面接などに着目してお話しているので、手本にしてください。
    いくら社会人であっても、本来の敬語を使えている人ばかりではありません。ほとんどの場合、社会人ならばただの恥とされるだけなのが、面接で間違えると致命的(採用されない)な場合が多いのである。
    働いてみたい会社はどんな会社?と問われても、答えがでてこないものの、現在の勤め先での不満については、「自分への評価が適正でなかった」と感じていた人がわんさといます。
    差しあたって外資系企業で就職をしていた人の多数派は、そのまま外資の経歴を続行する色合いが強いです。言い換えれば外資から日本企業に勤める人は、希少だということです。
    当然就職試験の受験のための出題傾向を専門誌などを使ってきちんと調べ、対策をしっかりとたてておくことを留意しましょう。ここからは様々な試験の要点、そして試験対策について詳しく説明しています。