社会福祉法人親和会/グループホームポプラパート求人【アルバイト介護のお仕事求人情報】

☆医療事務の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。


社会福祉法人親和会/グループホームポプラでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



社会福祉法人親和会/グループホームポプラの概要

郵便番号 〒998-0875
住所 山形県酒田市東町1丁目15-15
電話番号 0234-23-0161
施設形態 グループホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

社会福祉法人親和会/グループホームポプラの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



アルバイト介護のお仕事求人情報

☆医療事務の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



以下にあてはまるなら、今すぐ転職!

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 入社説明の話と実態が大きく食い違っていた
  • 駅から遠く通勤が不便だった
  • 休憩時間も取れないほど忙しかった
  • 土日も仕事で家族とすれ違い生活になってしまった

転職の理由が「高時給の施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」「土日休みの施設で働きたい」「研修制度のしっかりした職場で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「アルバイト介護のお仕事求人情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●介護施設で看護師として働きたい。

●社会保険完備の介護施設に勤めたい。

●定年後再雇用制度があるところを探している。

●正社員の求人を探している。

●いじわるな上司がいて仕事への意欲が湧かない。

●土・日・祝日の合計日数をシフトで取得したい。

●キャリアアップ手当の支給がある施設が希望。

●冬期休暇が有る施設に勤めたい。

●ケアマネージャーの資格を活かしたい。

●デイサービスの求人を探している。

という希望なら

☆医療事務の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆賞与年2回で交通費も全額支給の求人多数あります。

コチラがおすすめです!



他では見られない案件

ケアマネージャー求人は、ハローワークの求人情報でも探すことが出来ますが手間や時間などがかかります。

特に、仕事をしていると時間が取りにくく、求人情報を見つけるのも難しいです。

そこで、活用したいのがハローワーク以外でケアマネージャーの求人を専門に扱っている人材紹介サイトです。

人材紹介サイトでは、スムーズに転職や就職が出来るように、面接日の調整や条件の交渉など、コンサルタントが行ってくれて、求人先の現場の雰囲気も教えてくれるので安心して就職が出来ます。

また、通常の求人情報では見つけにくい、高い給料や昇給など好待遇の求人や経験を活かせるオープニング求人などの非公開求人も多く、希望にあった求人を見つけることが出来ます。

ハローワークにはない細かいサービスで理想の転職をサポートしてくれます。

新規オープンの介護施設や事務所の仕事、主任クラス以上などの少ない求人など他では見られない案件も多くあります。

そして、登録やサービスを利用するのは無料です。

手数料などの費用はかからないので、無理なく利用出来ます。




介護の勉強のために短期バイトを希望するケースも

現代の高齢化に向けて施設などに入れず、在宅介護をしているという家庭もあります。

自分の両親などもいずれは介護を必要とする、また現在介護しているという方も大勢おり、そのような方が介護についての勉強として短期間介護の仕事をするという方もいます。

またその逆に家族の介護経験を活かして、介護の仕事をする場合もあります。

高齢者以外にも介護を必要としている所は多く、介護士が勤務できる職場というのは色々とあります。

・知的障害者施設
・身体障害者施設
・社会福祉施設

など介護士は、多くの場で活躍が出来る仕事でもあります。

短期・単発で介護の仕事を考えているという場合は、介護士求人サイトや人材紹介サービスですと求人案件も多数あります。

週に1日、2日くらいの勤務を希望されている方も、思った以上に希望条件に該当する介護求人が見つかると思いますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。




介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。




山形県高齢者の現状と見込み

山形県の人口構造

平成 22 年国勢調査によると、県内の高齢者(65 歳以上)人口は 321,722 人、高齢化率は 27.6%となっており、平成2年における高齢化率の 16.3%と比較して 11.3 ポイントの増加となっています。
なお、その後も本県の高齢化は進んでおり、「山形県の人口と世帯数(県統計企画課)」によると、平成 26 年 10 月時点で、高齢者数は 337,692 人、高齢化率は 30.0%となっています。
また、総務省人口推計(H25.10)によると、本県の高齢化率は全国平均(25.1%)を大きく上回っており、全国第6位(秋田県、高知県、島根県、山口県、和歌山県に次ぐ)の高齢県となっています。

将来人口の推計

山形県における将来人口については、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、平成52年時点で 835,554 人と推計されています。
平成22年と平成52年を比較すると、年少人口である0~14歳人口については67,042人減少し、生産年齢人口である 15 歳~64 歳人口は 272,183 人減少しますが、老年人口(高齢者数)については、5,855 人の増加が見込まれています。
また、同じく国立社会保障・人口問題研究所の推計による、人口移動がないと仮定した「封鎖人口」と比較すると、平成 52 年までに、県全体で 81,225 人の人口の流出が見込まれています。
特に、生産年齢人口の社会的移動が 61,506 人と大半を占めており、人口流出に歯止めをかける必要があります。

高齢者の人口

①高齢者全体の状況
山形県においては総人口の減少は続きますが、高齢者数は団塊の世代がすべて後期高齢者となる平成 37 年(西暦 2025 年)頃まで増加が続きます。高齢者人口はその後減少に転じますが、年少人口及び生産年齢人口の減少に伴い高齢化率は引き続き上昇し続け、平成52年(西暦2040年)には 39.3%に達する見込みとなっています。
なお、本県の高齢者のうち、介護が必要な人数は約6万3千人(平成 26 年3月末時点)で、全体の 18.9%となっており、高齢者の8割以上は介護を必要としない方々となっています。
地域別では、最上地域、庄内地域では県平均よりも高齢化率が高く、村山地域、置賜地域では県平均よりも低い状況で、平成 27 年以降も同様の傾向が続く見込みです。

②後期高齢者の状況
要介護認定率を前期高齢者と後期高齢者に区分すると、平成 25 年9月時点で前期高齢者では4.0%と低い割合ですが、後期高齢者になると 30.2%と高い割合になります。
高齢者数が最大となるのは平成 37 年頃と見込まれますが、後期高齢者(75 歳以上)数については、平成 42 年頃が最大となることが想定されています。
そのため、平成 37 年度においては、要介護者数は平成 26 年度より1万4千人程度増加し8万人程度となることが見込まれているとともに、高齢者の要介護認定率についても、平成26年3月時点の 18.9%の水準を大きく上回り、22.1%となることが見込まれます。
平成42年時点において後期高齢者(平成26年現在で59歳以上)となる世代の方々に対して、現時点から、効果的な健康づくり、介護予防対策を継続的に実施する必要があります。

③認知症高齢者
厚生労働省の研究事業によると、認知症については、年齢が高くなるほど有病率が高くなる結果となっています。
認知症の有病率を、本県高齢者の人口構成に当てはめると、認知症と認知症予備軍と言われるMCIを合わせた高齢者数は10万人を超え、本県高齢者の約3人に1人であると推計されます。
今後、後期高齢者の増加が推測されており、認知症高齢者の増加も見込まれます。



地域包括ケアを提供する人材の確保及び資質向上

介護職員

介護職員とは、主に以下の労務に就く者を指しています。
○訪問介護員
介護保険法の指定事業所で働き、高齢者等の家庭を訪問して家事等の生活援助や入浴等の身体介護を行う者
○その他の介護職員
介護保険法の訪問介護以外の指定事業所で働き、直接介護を行う者
《現状》
○国の「介護サービス施設・事業所調査」によると、入所系、訪問系、通所系を合わせて2万人弱の介護職員が県内の介護施設・事業所に勤務していると推計されています。
○介護職員の処遇を改善するために、平成 21 年 10 月から介護職員処遇改善交付金が交付されました。
その後、この交付金に代わって、効果を継続させるための介護職員処遇改善加算が、平成24年度介護報酬改定において創設されました。
《課題》
○介護労働に関しては、他の産業より離職率が高いことや給与水準が低いこと等が課題として指摘されています。
○後期高齢者や単身、夫婦のみの高齢者世帯が増加することによる介護サービスの量的拡大により、必要な人材が不足することが想定されます。
○医療的ケアや認知症対応など質の高い介護サービスの需要が拡大していくことが予想されます。
○県内の介護職員等の離職率は 13.2%(全国 17.0%)で、平成24年度山形県介護労働実態調査によると、事業所の約4割で人手不足を感じています。
《施策の推進方向》
○平成26年3月に策定した「山形県介護職員サポートプログラム」に掲げる
①理解促進
②育成確保
③定着・離職防止
④介護技術・知識向上
⑤雇用環境の改善
の5つの施策の柱に沿って、関係機関・団体の連携・協働による総合的かつ一体的な介護職員支援策を展開します。
○将来の担い手である小中高生や学生等から、介護業界が「選ばれる業界」となるため、県は、介護職・介護現場の正確な実態や魅力を伝えます。
○県は、将来県内での就労を希望している、県内の介護福祉士養成施設等の在学者の支援として学資を貸与する介護福祉士修学資金により、介護現場の中核となる人材の確保を図ります。
○県や県社会福祉協議会等が行う介護技術、知識向上に向けた研修や、関係団体によるキャリア段位制度などの資質向上に向けた取組みに加え、中小規模事業所が行う人材育成への支援や、世代・職種間の人材交流などの機会を創出することにより、県は、介護職員のキャリア向上に繋がる環境を整備します。
○県は、人事・労務管理や財務などについての経営者・管理者層向けのセミナーを開催するとともに、介護サービス事業所等に対する個別のコンサルティングにより、経営力の改善・向上を図りながら、職員の処遇改善に繋げます。
○県は、関係団体、養成機関及び社会福祉法人等が、それぞれの有する専門的な知見や人材を活かして行う介護職員確保に向けた取組みを支援するとともに、女性や高年齢者等の介護職への参入を促進します。



就職・転職コラム

第一希望の企業にもらった内々定でないからといった理由で、内々定の返事で考え込むことはありません。すべての就活が終わってから、運よく内々定の出た会社の中で決めればいいともいます。
給料そのものや職場の処遇などが、どの位良いとしても、仕事場所の状況そのものが劣化してしまったら、またもや別の会社に転職したくなる確率だってあるでしょう。
すぐさま、経験のある人間を雇いたいと計画中の企業は、内定が決まってから返答までのスパンを、短めに設定しているのが多数派です。
就職先選びの視点は2つで、一つの面では該当企業のどこに引き寄せられるのか、他には、自分がどういった仕事をして、どのような生きる張りを欲しいと考えているかです。
この先ずっと、躍進しそうな業界に勤務する為には、その業界が疑うことなく成長している業界なのかどうか、急な発展に照合したビジネスが成り立つのかどうかを見届けることが重要でしょう。

いわゆる圧迫面接で、いじわるな質疑をされたような場合に、うっかり怒ってしまう人がいます。それは分かりますが、素直な感情を露わにしないのは、大人としての基本といえます。
実際、就職活動のときに、詳しく知りたいのは、職場のイメージあるいは自分の興味に合うかなどが大抵で任される仕事の詳細というよりも、会社そのものをわかりたいがための内容である。
「書くものを持参のこと」と記載があれば、記述テストの可能性が高いですし、よくある「懇親会」と記されていれば、集団でのディスカッションがなされる時が多いです。
面接試験というのは、さまざまなケースが採用されていますから、このウェブページでは、個人(1対1の通常面接)、集団での(複数の応募者が参加するもの)面接、加えて最近増えているグループ討論などを掘り下げて教示していますから、手本にしてください。
中途入社で職に就くには、派遣の仕事でもアルバイトでもいいので「職歴」を蓄えて、あまり大規模でない会社を狙って面接と言うものを待つというのが、主流の抜け道でしょう。

「好きな仕事ならばどんなに辛酸をなめても乗り切れる」とか、「自己を成長させるために好き好んで過重な仕事を見つくろう」というようなケース、しきりと聞いています。
あなたの前の担当者が自分の今の言葉を掴めているのか否かを見つめながら、きちんと「コミュニケーション」ができるくらいになれば、きっと道も開けてくるのではないかと考えます。
会社というものは、働く人に全部の利益を返還してはいません。給与と評価して本当の労働(必要労働)自体は、いいところ実際にやっている仕事の半分かそれ以下程度でしょう。
たまに大学卒業のときに、新卒からいきなり外資系企業を目指すという人も見受けられますが、現実を見てみると最も多いのは、日本企業で勤めてから、30歳くらいになってから外資に転身という事例が多いようです。
面接の場面では、間違いなく転職理由を聞かれるでしょうね。「どんな理由で辞めたのか?」に関しましては、企業の担当者も最も興味のある問題です。そんな意味から、転職理由を考慮しておくことが大前提となります。