酒田市役所/医療・健康・福祉施設/飛島診療所介護社員求人【ケアマネージャー介護のお仕事求人情報】

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆介護事務の求人多数。


酒田市役所/医療・健康・福祉施設/飛島診療所では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



酒田市役所/医療・健康・福祉施設/飛島診療所の概要

郵便番号 〒998-0281
住所 山形県酒田市飛島字勝浦甲66
電話番号 0234-95-2021
施設形態 病院
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

酒田市役所/医療・健康・福祉施設/飛島診療所の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



ケアマネージャー介護のお仕事求人情報

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆介護事務の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



ケアマネージャーの求人数

近年、介護や医療系の仕事に対して、求人数がかなり増加しています。

その理由としては、現代社会が高齢化となり、高齢者の数が多くなったことも関係しています。

介護保険などの制度も充実しており、このような制度を利用して、老人ホームや訪問介護サービス、デイサービスなどの介護、福祉施設を利用する人も増えています。

このような仕事の中心を担うのがケアマネージャーであり、高齢者向けの施設では、必ず配置が義務づけられています。

ケアマネージャーの仕事とは、介護サービスの計画を立て、それを利用者に提案して、利用を希望する施設との連絡を取ることがあります。

そのため、利用者にとっては、重要なポジションとなります。

介護の仕事では、責任のあるポストとなり、収入もアップしますので、ホームヘルパーから、ケアマネージャーを目指す人も少なくありません。

ケアマネージャー求人も多くあり、各都道府県の施設でも募集をしています。

都道府県は関係なく、どこでもケアマネージャーの仕事は出来ますし、ケアマネージャー求人もいろんなところであります。

もし、仕事を探しているならば、派遣会社に登録して、自分に合った職場を探してもらうもの良いですよ。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • スキルアップできる職場ではなかった
  • 休みがもらえず子供の学校行事に参加できなくて可哀想だった
  • 土日も仕事で家族とすれ違い生活になってしまった
  • 上司が意地悪な人で信用出来ない

転職の理由が「駅近で通勤しやすいところがいい」「夜勤専従で働きたい」「パート求人を探している」「年収300万円以上は欲しい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「ケアマネージャー介護のお仕事求人情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●有料老人ホームの求人を探している。

●介護職員として働きたい。

●家事代行スタッフとして働きたい。

●サービス付き高齢者向け住宅で働きたい。

●皆勤手当てがある職場を探している。

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●ケアマネージャーの資格を活かしたい。

●デイケアーの求人を探している。

●介護施設で管理職の仕事を探している。

●契約社員で介護の仕事がしたい。

という希望なら

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆准看護師取得者の求人多数。

☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆介護事務の求人多数。

コチラがおすすめです!



4人に1人は65歳以上

現在は4人に1人は65歳以上と言われるほどの高齢化社会であり、各市町村でも様々な介護サービスなどの提供を実施または検討されています。

しかし、介護などを必要とする人の数に比べると介護職に携わる人の数はまだまだ不足しているのも現状です。

また介護に携わる職業の資格取得をすることで介護の質の向上も目指す為、ホームヘルパーや介護福祉士、ケアマネージャー、看護師などの有資格者が必要になります。

中でも介護の司令塔の役割をもつケアマネージャーの求人はハローワークの求人情報でもよく目にします。

一人一人にあったケアプランを作成し、どのような介護が必要か常に考え、そのプランに従ってヘルパーや介護福祉士が介護する為とても重要な立場にあるのがケアマネージャーです。

高い介護知識を必要とするこの職業は資格も新しいためまだまだ人手不足なことも現状なのです。

その為求人情報誌などで各介護施設ではケアマネージャーの求人をして有能な人材を求めています。

ケアマネージャーは大変な職業ではありますが、現代の社会問題関わり非常にやりがいのある職業です。




介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。

など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。




介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?




介護保険制度の現状、今後の見込み

要介護認定者の推移

介護保険制度は、介護を社会全体で支え、総合的な介護サービスを利用者自身の希望によって受けることができる新しい公的社会保険制度として平成12年4月にスタートし、以来、要介護認定者や介護サービスの利用者数は大幅に増加しています。
要介護認定者の今後の見込みについては、平成26年9月末現在と比較して、平成37年度では約1万4千人増加し、8万人程度となることが見込まれます。
65歳以上の要介護認定者数は、平成 25 年度末現在で約6万3千人ですが、今後増加が続き平成37年度には7万8千人程度となることが見込まれます。また、65 歳以上の高齢者の要介護認定率も上昇が見込まれ、平成 37 年度には 22.1%まで上昇することが見込まれます。
また、要介護度別の居宅サービスの利用者と施設サービスの利用者については、要介護度が高くなるにつれて、施設サービスの利用者数の割合が高くなっています。



地域包括ケアを提供する人材の確保及び資質向上

介護職員

介護職員とは、主に以下の労務に就く者を指しています。
○訪問介護員
介護保険法の指定事業所で働き、高齢者等の家庭を訪問して家事等の生活援助や入浴等の身体介護を行う者
○その他の介護職員
介護保険法の訪問介護以外の指定事業所で働き、直接介護を行う者
《現状》
○国の「介護サービス施設・事業所調査」によると、入所系、訪問系、通所系を合わせて2万人弱の介護職員が県内の介護施設・事業所に勤務していると推計されています。
○介護職員の処遇を改善するために、平成 21 年 10 月から介護職員処遇改善交付金が交付されました。
その後、この交付金に代わって、効果を継続させるための介護職員処遇改善加算が、平成24年度介護報酬改定において創設されました。
《課題》
○介護労働に関しては、他の産業より離職率が高いことや給与水準が低いこと等が課題として指摘されています。
○後期高齢者や単身、夫婦のみの高齢者世帯が増加することによる介護サービスの量的拡大により、必要な人材が不足することが想定されます。
○医療的ケアや認知症対応など質の高い介護サービスの需要が拡大していくことが予想されます。
○県内の介護職員等の離職率は 13.2%(全国 17.0%)で、平成24年度山形県介護労働実態調査によると、事業所の約4割で人手不足を感じています。
《施策の推進方向》
○平成26年3月に策定した「山形県介護職員サポートプログラム」に掲げる
①理解促進
②育成確保
③定着・離職防止
④介護技術・知識向上
⑤雇用環境の改善
の5つの施策の柱に沿って、関係機関・団体の連携・協働による総合的かつ一体的な介護職員支援策を展開します。
○将来の担い手である小中高生や学生等から、介護業界が「選ばれる業界」となるため、県は、介護職・介護現場の正確な実態や魅力を伝えます。
○県は、将来県内での就労を希望している、県内の介護福祉士養成施設等の在学者の支援として学資を貸与する介護福祉士修学資金により、介護現場の中核となる人材の確保を図ります。
○県や県社会福祉協議会等が行う介護技術、知識向上に向けた研修や、関係団体によるキャリア段位制度などの資質向上に向けた取組みに加え、中小規模事業所が行う人材育成への支援や、世代・職種間の人材交流などの機会を創出することにより、県は、介護職員のキャリア向上に繋がる環境を整備します。
○県は、人事・労務管理や財務などについての経営者・管理者層向けのセミナーを開催するとともに、介護サービス事業所等に対する個別のコンサルティングにより、経営力の改善・向上を図りながら、職員の処遇改善に繋げます。
○県は、関係団体、養成機関及び社会福祉法人等が、それぞれの有する専門的な知見や人材を活かして行う介護職員確保に向けた取組みを支援するとともに、女性や高年齢者等の介護職への参入を促進します。



就職・転職コラム

「自分の能力を御社ならば有効に利用できる(会社のために働ける)」、ですからそういった会社を入社したいというようなケースも、妥当な重要な動機です。
この先ずっと、躍進しそうな業界に職を得る為には、その業界がまさしく飛躍が見込める業界なのか、急激な発達に照合した経営が切りまわせるのかどうかを見通しておくことが重要なのです。
面白く業務に就いてもらいたい、わずかでも手厚い対応を認めてやりたい、見込まれる能力を向上させてあげたい、スキル向上させてあげたいと企業の側も考えていることでしょう。
わが国の優秀なテクノロジーの大多数が、大企業ではなく、地方の中小零細企業の町工場で開発されていますし、手取りとか福利厚生も魅力的であるなど、順調な経営の会社もあるのです。
就職する企業を選ぶ観点は2つあって、一番目はその会社のどんな点にそそられるのか、もう片方は、あなたがどんな仕事をして、どのような効果を身につけたいと思ったのかという点です。

もしも実務経験が一定以上にあるならば、人材紹介会社も利用価値が十分ある。なぜかといえば人材紹介会社などを利用して人材を募集するところは、まず間違いなく経験豊富な人材を求めているのである。
第二新卒という最近よく聞くことばは、「学校を卒業して就職したもののすぐに(3年以内)退職した若年者(一般的には25歳程度まで)」のことを表す言葉。今日では数年で離職してしまう新卒者が増加していることから、このような呼び名が誕生したと思われます。
関わりたくないというといった側ではなく、なんとか自分を認定してくれて、ひいては内定まで決まった企業には、誠実な受け答えを注意しておくべきです。
面接のときに気を付ける必要があるのは、あなたの印象なのだ。数十分の面接なんかでは、あなたの一部しかわからない。結果、合否は面接のときの印象に影響されるのです。
どうあってもこんなふうに仕事がしたいというはっきりしたものもないし、あれもこれもと思い悩んだ末に、挙句の果てに一体自分が何をしたいのか面接で採用担当者にきちんと、説明することができないということではいけない。

「掛け値なしに赤裸々な気持ちを話せば、商売替えを決心した原因は給与のせいです。」こういったことがよくあります。ある外資のIT会社のセールス担当の30代半ばの方の話です。
あなたの前の担当者が自分のそこでの考えを咀嚼できているのかどうかを見つつ、要領を得た「トーク」が普通にできるくらいになれば、きっと合格の可能性も高くなるのではないでしょうか。
もし成長企業だと言われても、変わらず何十年も問題ない、もちろん、そんなことはない。だから就職の際にそこのところもしっかり情報収集が不可欠。
意気込みや理想の自分を夢見た転職の場合もありますが、勤め先の問題や住む家などの外的要素により、転職しなければならない状態に陥る事例もあるでしょう。
企業説明会から携わって、学科試験や就職面接とステップを踏んでいきますが、こういったことの他に志望企業でのインターンシップや卒業生を訪問したり、採用担当者と面接するといったやり方もあります。