特別養護老人ホーム楽しいわが家/仁賀保町居宅介護支援事業所介護紹介派遣【アルバイト介護のお仕事求人情報】

☆介護事務の求人多数。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆非公開求人多数掲載。


特別養護老人ホーム楽しいわが家/仁賀保町居宅介護支援事業所では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



特別養護老人ホーム楽しいわが家/仁賀保町居宅介護支援事業所の概要

郵便番号 〒018-0402
住所 秋田県にかほ市平沢字宝田32
電話番号 0184-32-3711
施設形態 特別養護老人ホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

特別養護老人ホーム楽しいわが家/仁賀保町居宅介護支援事業所の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



アルバイト介護のお仕事求人情報

☆介護事務の求人多数。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆非公開求人多数掲載。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護職の求人は、転職支援サイトで見つける

転職支援サイトに登録すると、夜勤なしの求人情報や非公開の求人情報を教えてくれるだけでなく、たくさんの手厚いサポートをしてくれます。
だからこそ、介護福祉施設の中でもお給料が高い介護施設、雰囲気のいい介護施設に、より早く就職・転職できるんです。

介護職の転職・就職に詳しい転職のプロに頼むメリット

介護職員さんの転職サポートを専門にするアドバイザーが、完全無料で納得の転職を実現するためのお手伝いをしてくれます。

夜勤なしのお仕事を探しているあなたの希望条件に見合った求人を提供してくれます。

インターネットや雑誌で夜勤なしの求人や募集情報を探す時、「もっと深い情報や現場の情報が欲しい」と思ったことはないですか?
転職をサポートしてくれるアドバイザーは、現場のことをとてもよく知っていて、普通はそこで働いていないと分からないような情報をたくさん知っています。
現場の雰囲気やどんな上司か・・・などの情報をあなたに事前に伝えられるよう、しっかり現場を訪問しているのです。

これで、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、夜勤なしの介護士求人の中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができますね!
後悔のない、納得の転職が実現できるのです!

転職の際につい見落としがちになってしまう注意点なども、アドバイスしてくれます。

面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれるところもあります!



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 経験を活かせる仕事がさせてもらえなかった
  • 忙しすぎて精神的にきつくなってきた
  • 給料が安くて将来が不安になった
  • 先輩の給料を知って将来が不安になった

転職の理由が「年収300万円以上は欲しい」「交通費が支給される会社に就職したい」「年収400万円以上の職場に転職したい」「経験を評価してくれる施設に転職したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「アルバイト介護のお仕事求人情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●土・日・祝日の合計日数をシフトで取得したい。

●包括支援センターに就職したい。

●月20日程度の勤務の仕事がしたい。

●福祉用具貸与の求人を探している。

●近場でお仕事を探したい。

●希望休が出せる介護施設に勤めたい。

●老人保健施設に就職したい。

●夏期休暇が有る施設に勤めたい。

●定年後再雇用制度があるところを探している。

●未経験だけど介護の仕事がしたい。

という希望なら

☆介護事務の求人多数。

☆社会福祉士取得者の求人多数。

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆非公開求人多数掲載。

コチラがおすすめです!



仕事を探す人には大きなチャンス

高齢化が進むにつれ、介護の問題が注目されています。

特に、ケアマネージャーの需要は年々非常に高まっています。

しかしながら、需要に供給がなかなか追いつかない状況です。

こういった問題は、さらに継続すると見込まれており、ケアマネージャーの求人には行政も注目しています。

逆に言えば、仕事を探す人にとっては、大きなチャンスでもあります。

今後さらに需要が見込まれる職場で働くことは、働きがいにも繋がります。

また、最近では、ケアマネージャーの求人を拡大するため、市町村が多くの支援を推奨しています。

求人情報を市町村が支援して広めているところもあります。

もちろん、ケアマネージャーになるためには多くの努力が必要ですし求人情報を見て応募したからといって簡単になれるものではありません。

特に、資格を取得するためには、実務と多くの経験が必要です。しかしながら、しっかりと努力した人には、働きがいと多くのメリットが持たされることは言うまでもありません。




パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。

せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。




介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




秋田県の高齢者の状況

高齢者数の推移

(1)高齢者数・高齢化率の現状と将来推計
● 高齢者数は年々増加しており、それに伴って高齢化率も年々上昇を続け、平成26年10月1日現在の秋田県の人口は1,036,861人で、65歳以上の高齢者数は338,004人、高齢化率は32.6%となっています。
● 本計画期間においても、人口の減少と高齢者数の増加が予測されており、また、高齢化率が全国一高い状態が継続すると、国立社会保障・人口問題研究所では予測しています。
● 団塊の世代が65歳以上となる平成27年には、65歳以上の高齢者が県民の約3人に1人となり、さらに、平成42年には高齢化率が4割を超えると予測されています。

(2)後期高齢者数の増加
●秋田県では、平成19年に後期高齢者数が前期高齢者数を初めて上回り、総務省統計局が公表した平成25年10月1日時点の人口推計では、本県の後期高齢化率が17.8%と全国で一番高くなっています。
また、平成26年10月1日現在の後期高齢化率は18.0%となっています。
●後期高齢者数は平成42年頃まで増加する見込みです。

高齢者世帯の推移

●秋田県内の総世帯数は平成17年をピークに減少し、今後も減少していく見込みですが、高齢者世帯数は平成32年頃まで増加し続ける見込みです。
●高齢者世帯のうち単独世帯(ひとり暮らし)と夫婦のみの世帯が、平成37年頃まで増加し続ける見込みです。
●一般世帯に占める高齢者世帯の割合は、今後も増加し続ける見込みです。



介護人材の育成と確保

介護人材の現状と需給推計

【現状と課題】● 今後、要支援・要介護認定者の増加に伴い、介護サービス量の一層の増加が見込まれ、これに対応するための人材の確保が喫緊の課題となっています。
● 団塊の世代が75歳以上となる2025年には、全国で最大250万人の介護職員が必要と推計されており、本県においては介護職員が約2,800人不足すると見込まれます。
● 生産年齢人口の減少が見込まれる中にあっても、医療と介護の連携を図り、介護サービスや地域包括ケアシステムを支える人材を安定的に育成・確保する必要があります。

介護人材の養成状況

〔介護支援専門員〕
・ 平成26年度までに、6,366人が介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、介護支援専門員実務研修を受講ののち、介護支援専門員として登録されています。
・ 介護サービス事業所で実務に従事している介護支援専門員は、平成26年4月現在で2,190人となっています。
・ 介護支援専門員の資質向上を図るため、登録の更新制、二重指定制を取り入れ、義務化・体系化された各種研修を習熟度に応じて実施しています。
・ 主任介護支援専門員は平成18年に創設され、地域包括支援センター等において、介護支援専門員への助言指導や包括的・継続的なケアマネジメント支援業務の中心的な役割を担っています。

〔介護員〕
・ これまでの「介護職員基礎研修」と「介護員養成研修1級課程、2級課程、3級課程」は、平成25年4月から「介護職員初任者研修」に一元化されました。介護職員初任者研修では、介護業務に従事する上で必要となる基本的な知識・技術を習得します。
・ 県は、研修を実施する機関を指定しており、平成27年1月末現在で35事業所が指定養成研修機関の指定を受けています。
・ 平成25年度末までに指定養成研修機関での研修を修了した者は、37,562人となっています。

〔介護福祉士〕
・ 県内の平成26年3月末時点における介護福祉士の登録者数は、14,891人となっています。
・ 社会福祉士及び介護福祉士法の改正により、平成24年度から、一定の研修を修了した介護福祉士や介護職員等は、一定の条件の下でたんの吸引等の医行為を実施することができます。
また、平成28年度以降の国家試験に合格した介護福祉士は、一定の条件の下でたんの吸引等の医療行為を行うことができます。
・ 介護福祉士の資格取得に向けて受講する「介護職員実務者研修」について、平成27年4月からは、県が研修を実施する機関を指定します。

〔看護職員〕
・ 就業している看護師及び准看護師数は、平成24年12月末現在で、看護師が10,005人、准看護師が3,464人、合計で13,469人となっています。
全体としては増加傾向にありますが、准看護師はやや減少傾向にあります。
人 口 1 0 万 人 当 た り の 就 業 者 数 で み る と 、 看 護 師 及 び 准 看 護 師 合 計 で 、1,266.9人となり、全国平均(1,077.2人)を上回っています。
・ 就業場所は、病院が約65%を占めていますが、近年、在宅医療・介護の進展などに伴って、介護保険施設等への就業者が増加傾向にあります。



就職・転職コラム

いわゆる自己分析をする機会の要注意の点は、高踏的すぎる表現をできるだけ使用しないことです。観念的な言葉づかいでは、人事部の人間を分からせ;ることは難しいと知るべきなのです。
面接そのものは、希望者がいかなる考えを持っているのかを認識する場だと考えられますから、きれいな言葉を表現することが絶対条件ではなく、真心を込めて売り込むことが大事です。
例えるなら事務とは無関係な運送の仕事の面接では、どんなに簿記1級の資格についてアピールしても評価の対象にならない。事務職の試験の場合ならば、高いパフォーマンスがある人材として期待されるのです。
公表された数字では就職内定率が最も低い率になったが、そうした中でも確実に採用内定を掴み取っているという人がたくさんいる。じゃあ採用してもらえる人と採用されない人の決定的な違いはどこなのだろうか。
結論から言うと、職業紹介所の職業紹介で仕事就くのと、民間の人材紹介会社で就職決定するのと、いずれも並行していくことが無難だと思われます。

どうにか就職はしたけれど採用してくれた職場のことを「こんなはずじゃあなかった」他に、「こんな会社は辞めてしまいたい」などと思う人など、売るほどいます。
転職という、ひとつの奥の手を何度も出してきた経歴がある方は、勝手に離転職した回数も増え続けるものです。そういうわけで、一つの会社の勤続年数が短いということが目に付いてしまうということに繋がります。
目下のところ、志望の会社ではないと思うかもしれませんが、求人募集中のここ以外の企業と秤にかけてみて、多少でも良い点だと思う部分は、どのような所にあるのかを考慮してみてください。
職業安定所といった所では、多岐にわたる雇用や事業の運営に関する制度などの情報が閲覧でき、現在では、やっとこさ求職情報のコントロールも改良してきたように感触を得ています。
度々会社面接を受けていく程に、刻々と見解も広がるので、中心線がぼやけてしまうという機会は、しばしば数多くの方が迷う所です。

面接と呼ばれるものには「数値」とは違って絶対的な正解はありませんから、いったいどこが高評価だったのかという「ものさし」はそれぞれの企業で、場合によっては担当者によって変化するのが現況です。
会社によっては、業務の実態や望んでいる仕事などもいろいろだと思いますので、あなたが面接で売り込みたいことは、各企業により異なっているのが当然至極なのです。
しばらくの間企業への応募を休憩することについては、ウィークポイントが挙げられます。今は応募可能なところも応募できなくなってしまうことだって十分あるということなのである。
採用選考試験の時に、面接以外にグループディスカッションを導入している企業は増えています。人事担当者は普通の面接では伺えない個性などを観察するというのが目的です。
一般的に企業というものは、働く人に全部の収益を還元してはいないのです。給与と突き合わせて現実の仕事(必要とされる労働)は、いいところ実際にやっている労働の半分かそれ以下ということだ。